【子供用カレンダー無料】曜日の覚え方・日付の教え方・何歳からわかる?

幼児や小学生の知育教育におすすめの「子供用カレンダー」「曜日練習プリント」を無料でダウンロード印刷できます。
カレンダーの読み方、曜日や日付の覚え方や教え方を説明します。
曜日やカレンダーが読めるのは何歳からかを紹介します。

1週間の曜日がわかるのは何歳から?カレンダーが読めるのは何歳から?

1週間の曜日が理解できる年齢は6歳ごろ
カレンダーが読める年齢は6歳ごろが、1つの目安です。

子供の成長や、曜日やカレンダーを教わる時期には個人差があります。
そのため、4歳で曜日やカレンダーがわかる子供もいれば、小学生になってから理解する子供もいます。

「曜日や日付感覚が分からない」といった子供は多いです。
子供にとって、曜日や日付を理解するのは難しいことです。
しかし、親のサポートで曜日や日付の理解を早めることはできます。

ひらがなが読めるのは何歳から?ひらがなが書けるのは何歳から?

子供に曜日や日付を教えるおすすめの方法

子供に曜日や日付を教える方法として、子供向けに作られた「ひらがな知育カレンダー」がおすすめです。

「今日は何曜日だね」とカレンダーに印をつけて見せると、子供も理解しやすいです。
「大好きなテレビ番組は月曜日」「お父さんが休みの日は土曜日と日曜日」など、子供が楽しみな予定をカレンダーに書き込んで教えるのも良いですね。
子供がカレンダーを見ながら、曜日や日付を声にだして読むのも効果的です。

日々の生活でカレンダーを使うことで、カレンダーが読めるようになり、曜日や日付も覚えることができます。

【子供用カレンダー】無料でダウンロード印刷できる!幼児や小学生の教育におすすめ!

「子供用カレンダー」は、祝日名の漢字や年月日の数字は全てふりがな表記で、ひらがなで表示されるカレンダーです。
「ついたち」「とおか」「はつか」など、全ての日付や曜日の読み方も分かります。
1ヶ月1ページで、1日の枠が大きく、幼稚園や小学校の予定を曜日ごとに記入できます。
平日と休日(土日祝)の曜日が色分けされています。

2021年(令和3年)子供用カレンダー こちらのボタンを押すと、【子供用カレンダー】の印刷用PDFファイルが表示されます。
表示されたPDFファイルを印刷、または、保存(ダウンロード)して、ご利用ください。
来年2022年(令和4年)以降の「子供用カレンダー」印刷PDFはコチラ(無料)
5歳・6歳(年長)の入学準備におすすめの通信教育や英語教材はコチラ 【小学生におすすめの通信教育一覧】安い教材・難易度レベル比較はコチラ

子供に曜日を教える方法:カレンダーでの曜日の読み方

曜日とは?曜日の順番と読み方

曜日とは、曜をつけて呼ぶ1週間の日です。
1週間には以下7つの曜日があることと、曜日の読み方を教えましょう。

【曜日の順番と読み方】 【子供用カレンダーでの曜日】
子供用カレンダーでの曜日

曜日の覚え方

曜日の覚え方は、
「げつ・か・すい・もく・きん・ど・にち」
とリズムよく繰り返し声にだすと覚えやすいです。

子供と一緒に声に出して、曜日の覚え方を子供に教えましょう。

【曜日ひらがな練習プリント】印刷PDF無料ダウンロード

曜日をひらがなでなぞり書きできる「曜日ひらがな練習プリント」です。
カレンダーでよく見る曜日の順番で、左から「日月火水木金土」としています。

子供が曜日を覚えるには、「曜日を声にだして読むこと」「曜日を鉛筆で書くこと」が効果的です。
「曜日ひらがな練習プリント」は無料でダウンロード印刷できるPDFです。
子供に曜日の読み書きを教える教材にご利用ください。

曜日ひらがな練習プリント こちらのボタンを押すと、【曜日ひらがな練習プリント】の印刷用PDFファイルが表示されます。
表示されたPDFファイルを印刷、または、保存(ダウンロード)して、ご利用ください。
【曜日ひらがな練習プリント】印刷PDF
無料ダウンロード
他の【ひらがな練習プリント】印刷PDF無料ダウンロードはコチラ

平日と休日の曜日、祝日の曜日

平日は、月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日です。
休日は、土曜日と日曜日です。
平日が祝日の場合は、休日となります。

「幼稚園に行く曜日は平日」「幼稚園が休みの曜日は休日(土日祝)」など、子供の予定で教えるのも良いですね。

【子供用カレンダーでの平日・休日・祝日】
子供用カレンダーでの平日・休日・祝日

1週間は何曜日から始まる?

日本では、「1週間は日曜日から始まる」としていることが多いです。
1週間の始まりが何曜日かは、宗教的な考え方や就業規則などによって異なります。
そのため、カレンダーには「日曜始まり」と「月曜始まり」の2種類があります。

1週間は日曜日から始まることもあれば、月曜日から始まることもあると、子供に教えるのが良いと思います。

子供に日付を教える方法:カレンダーでの日付の読み方

カレンダーの日付とは?

カレンダーの日付とは、年(ねん)・月(つき)・日(ひ)のことです。
子供用カレンダーで、年・月・日の数字が書かれている箇所を子供に教えます。
月・日だけ教えても、ある程度カレンダーは読めます。年は後回しでも構いません。

【子供用カレンダーでの年(ねん)・月(つき)・日(ひ)】
子供用カレンダーでの年(ねん)・月(つき)・日(ひ)

今日が何月何日かを読む

今日(きょう)は、今この日です。
カレンダーの月・日を指さして、「今日」が何月(がつ)何日(にち)かを教えます。
子供が日付を読めるようになるためには、声にだして日付を読むのが大切です。

【子供用カレンダーで今日が何月何日かを読む】
子供用カレンダーで今日が何月何日かを読む

昨日・今日・明日の概念を教える。明日と昨日が何月何日かを読む

明日(あした)は、今日の1日後の日(次の日)です。
カレンダーで「今日」を指さして、1日後の日が「明日」で何月何日か教えます。

昨日(きのう)は、今日の1日前の日です。
カレンダーで「今日」を指さして、1日前の日が「昨日」で何月何日か教えます。

子供と一緒に声をだして、明日と昨日が何月何日かを読みましょう。

【子供用カレンダーで明日と昨日が何月何日かを読む】
子供用カレンダーで明日と昨日が何月何日かを読む

カレンダーの月:1月から12月までの読み方

カレンダーの月(つき)は、1月から12月までであることと、1月から12月の読み方を教えましょう。

【カレンダーの月:1月から12月までの読み方】

カレンダーの日:1日から31日までの読み方

カレンダーの日(ひ)は、1日から31日までであることと、1日から31日の読み方を教えましょう。

【カレンダーの日:1日から31日までの読み方】

まとめ

子供が曜日や日付を覚えてカレンダーを読めると、自分で予定を把握できるようになり、毎日の生活が楽しくなりますね。
親子で一緒にカレンダーの曜日に楽しみな予定を書き込むと、親子で嬉しくなります。

ぜひ、おすすめの「子供用カレンダー」を使って、親子でコミュニケーションを取りながら曜日や日付を教えてみてください。

5歳・6歳(年長)の入学準備におすすめの通信教育や英語教材はコチラ 【小学生におすすめの通信教育一覧】安い教材・難易度レベル比較はコチラ