【ベビーくもんの評判や効果を比較】レベル・費用・対象年齢・無料お試しの違い

ベビーくもんの評判が良い点や効果・費用、対象年齢や種類を紹介します。
ベビーくもんの難易度レベル・無料お試しについても分かります。

ベビーくもんの基本情報(対象年齢や無料お試し有無など)

種類 0・1・2歳児の親子のためのKUMON
(先生のアドバイスを受け、主に紙教材やCDを使った知育)
対象年齢 0歳児~2歳児
教材が届く頻度 1か月に1回
無料お試し あり
難易度レベル 簡単(基礎を中心にしっかり伸ばす)
運営会社 公文教育研究会

ベビーくもんの費用や教材の種類

対象年齢 教材 1か月あたりの
費用(税込)
0歳児 0歳児向け 2,200円
1歳児 1歳児向け
2歳児 2歳児向け

ベビーくもんの評判が良い点

子どもとの接し方のコツや教材の使い方を教えてくれる先生がいる

ベビーくもんの先生が、親子のやりとりのコツを教えてくれます。

先生に子育ての悩みや不安を相談し、アドバイスがもらえるのは心強いですね。

親子でふれ合う子育ての時間が充実する

親子が一緒にふれ合いながら、親子の時間に刺激を与えてくれる教材です。

親子の触れ合いが増えて絆が深まるのは良いですね。

ベビーくもんがおすすめの家庭

  • 親子の時間を充実させたい家庭
  • 先生に子どもの接し方などを相談しながら取り組みたい家庭

ベビーくもんがおすすめでない家庭

  • 子どもとふれ合う時間を親がとりにくい家庭
  • 子どもがDVDや知育おもちゃに興味が強い家庭

「ベビーくもん」とよく比較される通信教育教材

「ベビーくもん」と「こどもちゃれんじ」の違いを比較する
「ベビーくもん」を見た人はこんな教材も見ています