【家庭での子供教育】親が先生となり健康で頭の良い子を育てるヒント

家庭は子供の成長に大きな影響を与えます。
家庭は子供が生きていくのに必要なことを学ぶ教育環境でもあります。
健康で頭の良い子を育てるには、親がお母さん先生、お父さん先生の自覚をもって子供に教えることが大切です。

文部科学省では、家庭での子供の教育や子育てを支援する調査研究をしています。
家庭での子供の教育において、文部科学省の調査研究を参考に、「健康で頭の良い子を育てるヒント」を紹介します。

親が子供に教えることで、子供から親が学ぶこともあります。
そう考えると、家庭は親子で教育しあう素敵な環境です。

頭の良い子とは?

何をもって頭が良いとするかはさまざまです。
頭の良い子とは、一般的に学校の成績が良い子のことを言います。
学校の成績を決めるテストでは、子供の記憶力を試す問題が多いです。
学校のテストで良い点数がとれる子は、記憶力が良いです。
すなわち、子供の記憶力をつけることが、頭の良い子を育てることにつながります。

ただし、学校の成績が良い子だけが頭の良い子ではありません。
頭の良い子とは、自分の頭で考える力のある子のことでもあります。
生きていく中で、正解が一つではないことや、答えがないこともあります。
自分の頭で考え自分なりの答えを導き出すことは、子供の個性にもつながります。

友達と一緒に楽しめる遊びを考えたり、自分で工夫して手作りのおもちゃを作ったりできる子も頭が良いと言えます。
遊ぶことは、学校の勉強とは違う頭の働きが必要です。
子供は遊びを通しても、自分の頭で考える力をつけています。
つまり、よく学びよく遊ぶことが、頭の良い子を育てることにつながります。

記憶力とは?子供の記憶力を高める教育方法

学校の成績を良くするために必要な記憶力とは、経験や覚えたことを長く忘れない力です。
記憶力は先天的なものではなく、幼児の時からも発達するものだと考えれています。
記憶力は高められるということです。

【子供の記憶力を高める教育方法1】親子で会話し子供に話を聴く習慣をつける

人の話を集中してしっかり聴くことによって、記憶に残りやすくなります。
親が子供に話を聴く習慣をつけておくことができれば、子供の記憶力を高めることができます。
子供に話を聴く習慣をつけるには、親子で会話することが効果的です。

親子での会話において、まずは親が子供の話をしっかり聴くことから始めましょう。
子供が興味のあることをいっぱい質問するのが良いですね。
動物や食べ物、好きなアニメなどをクイズ形式にして質問すると、子供と楽しく会話できます。
子供は質問の内容をしっかり聴き、記憶から回答内容を考えて親に話します。
子供が話を聴いて、記憶から声にだすことを繰り返すことによって、記憶力は高まります。

親子の会話を増やし、なるべく早く子供に話を聴く習慣をつけることが大切です。

【子供の記憶力を高める教育方法2】規則正しい生活習慣をつける

親が子供に教えることで大切なことの一つは生活です。
健康で頭の良い子に育てるためには、親が子供に規則正しい生活習慣をつけることが必要です。
記憶力を高めることにおいては、特に睡眠と食事について規則正しい生活習慣をつけることが重要となります。

早寝早起きで充分な睡眠をとることで、記憶力は高まります。
朝食は抜かず1日3食を栄養バランスよく食事することで、記憶力は高まります。

「親の生活習慣・意識や家庭環境」が「子供の生活習慣」に影響を与えている

親の生活習慣・生活習慣に対する意識や家庭環境が、子供の生活習慣に影響を与えています。
子供に規則正しい生活習慣をつけるためには、親の生活習慣が重要です。

「子供の生活習慣」とは

子供の生活習慣とは、主に以下のことです。

「子供の生活習慣」に影響を与える「親の生活習慣・意識、家庭環境」

子供の生活習慣に影響を与えている「親の生活習慣・生活習慣に対する意識や家庭環境」とは、主に以下のことです。

まとめ

家庭での子供の教育は、子供が大人に成長し生きていく上でとても重要です。
子供にとって大切なことは、そのまま大人になっても大切なことでもあります。
大人になっても、「記憶力・集中力」や「自分の頭で考え自分なりの答えを導き出すこと」、「相手の気持ちを考えて行動すること」は大切です。

親が子供に教え、親も子供から学ぶ。
そんな親子で成長し合える家庭は素晴らしい教育環境です。

出典・コンテンツを編集:文部科学省ホームページ