カレンダーは日曜日始まり月曜日始まりどっちが一般的?

なぜカレンダーには「日曜始まり」と「月曜始まり」があるのか、どっちが一般的かを解説します。
本サイトは、シンプルなカレンダー印刷用PDFを「日曜始まり」「月曜始まり」どちらも無料ダウンロードできます。

目次

なぜカレンダーには「日曜始まり」と「月曜始まり」がある?

カレンダーに「日曜始まり」があるのは、休日である日曜日を週の始まりとする宗教(キリスト教やユダヤ教)の考え方を日本が取り入れたからと言われています。
カレンダーに「月曜始まり」があるのは、週休2日制により、仕事や学校が月曜から始まる感覚となったためと思われます。

カレンダーで一番左にある曜日が、カレンダーでの1週間の始まりの曜日です。
日本のカレンダーでは主に「日曜始まりカレンダー」と「月曜始まりカレンダー」の2種類です。

【日曜始まりカレンダー】 日曜始まりカレンダー
【月曜始まりカレンダー】 月曜始まりカレンダー

日本ではカレンダーの1週間は「日曜始まり」「月曜始まり」どっちが一般的?

日本ではカレンダーの1週間は「日曜始まり」が一般的です。
日本の家や会社で使用する卓上カレンダーや壁掛けカレンダーは、「日曜始まり」がとても多いです。

無料ダウンロードできるシンプルな「日曜始まり」「月曜始まり」カレンダー印刷用PDF

日本では「日曜始まりカレンダー」が一般的ですが、最近では「月曜始まりカレンダー」を好む方も増えてきています。
本サイトは、好みに合わせて、シンプルなカレンダー印刷用PDFを「日曜始まり」「月曜始まり」どちらも無料ダウンロードできますので、ぜひ確認してみてください。

2022年(令和4年)日曜始まりカレンダー印刷用PDF
2022年(令和4年)月曜始まりカレンダー印刷用PDF
卓上カレンダーや壁掛けカレンダーはコチラ

カレンダーの「日曜始まり」と「月曜始まり」について【まとめ】

スケジュール帳や手帳は日曜始まり月曜始まりどっちが一般的?