【おせち料理の意味・由来の一覧】おせち通販予約はいつから?

おせちの通販予約がいつからかを紹介します。
おせち料理の種類や意味・由来の一覧も確認できます。

目次

おせち通販予約はいつから?

おせち販売予約は9月頃から開始するお店が多いです。
おせちを早く予約するほど安く買える「早期予約割引」キャンペーンを、9月頃から開始する「おせち料理通販」もあります。

便利で美味しいお店の「おせち料理」を予約して購入する家庭が増えています。
早期予約割引特価の「人気おせち」が売り切れる前に、早めの予約をオススメします。

おせち料理の種類や意味・由来の一覧

おせち料理とは、正月のお祝いとして食べる料理です。
家族の健康や子孫繁栄、五穀豊穣などの祈願など、おせち料理には意味や由来があります。

おせち料理の分類

おせち料理は大きく分けて、「祝い肴(いわいざかな)」「口取り(くちとり)」「焼き物」「煮物」「酢の物」の5種類です。

おせち料理の種類 食材
祝い肴(いわいざかな) 祝い肴三種とお餅がそろえばおせちでのお祝いができるとされています。
一般的な祝い肴三種は、関東と関西で異なります。
関東地方は「数の子」「黒豆」「田作り・五万米(ごまめ)」の三種。
関西地方は「数の子」「黒豆」「たたきごぼう」の三種。
口取り(くちとり) 酒のつまみになる最初にだす料理です。
「かまぼこ」「栗きんとん」「昆布巻き」「伊達巻き」などです。
焼き物 主に焼いた魚介類の料理です。
「鯛(たい)」「ブリ」「海老(えび)」「貝類」などです。
煮物 根菜などを使用した煮物料理です。
「筑前煮」「レンコン」「にんじん」「こんにゃく」「たけのこ」「里いも」「くわい」「ゆり根」などです。
酢の物 酢を使って作った料理です。
「紅白なます」「菊花(きっか)かぶ」などです。

おせち料理の重箱に詰める意味・由来

おせちを重箱(じゅうばこ)に詰めて出す意味・由来は、「福が重なる」「めでたさを重ねる」という意味で縁起をかつぐためです。
おせちは五段の重箱に詰めるのが基本ですが、近年では三段の重箱に詰める家庭が多くなっています。
地域によって詰めるものは異なります。

おせち料理の五段の重箱に詰める食材

五段の重箱は、上から「壱(いち)の重」「弐(に)の重」「参(さん)の重」「与(よ)の重」「伍(ご)の重」と数えます。
五段目の「伍(ご)の重」は、福を詰める場所として空箱にします。

おせち重箱の段 重箱に詰める食材
壱(いち)の重 「口取り(くちとり)」「祝い肴(いわいざかな)」
弐(に)の重 「焼き物」
参(さん)の重 「煮物」または「酢の物」
与(よ)の重 「酢の物」または「煮物」
伍(ご)の重 福を詰める場所として空箱

おせち料理の三段の重箱に詰める食材

三段の重箱は、上から「壱(いち)の重」「弐(に)の重」「参(さん)の重」と数えます。

おせち重箱の段 重箱に詰める食材
壱(いち)の重 「口取り(くちとり)」「祝い肴(いわいざかな)」
弐(に)の重 「焼き物」「酢の物」
参(さん)の重 「煮物」

おせち料理の具材種類や意味・由来

おせち料理の具材種類 意味・由来
数の子 子孫繁栄を願う縁起物。
ニシンの卵の数が多いことが由来。
「二親(ニシン)」の漢字をあて、両親の長寿を願う。
黒豆 邪気払いを願う。
黒く日焼けするほどマメ(勤勉)に働けることを願う。
田作り
五万米(ごまめ)
五穀豊穣を願う。
片口イワシを農作物の肥料として使った田畑が豊作になったのが由来。
たたきごぼう 家の基礎が堅牢であることを願う。
ごぼうが地中深くに根が入っていくのが由来。
ぶりの照り焼き 立身出世を願う縁起物。
体が大きく成長していくにつれて名称が変わる出世魚。
えび 長寿を願う。
長いひげをはやし腰が曲がるまで長生きする様が長生きの象徴。
「目が飛び出している」外見から「めでたし(目出たし)」と連想される。
煮はまぐり 夫婦円満を象徴する縁起物。
左右の貝がピッタリ合うのは一つしかないことが由来。
昆布巻き 両親の長寿や子孫繁栄を願う。
「二親(ニシン)」が「養老昆布(よろこぶ)」というところから、両親の「不老長寿」と「子生(こぶ)」と漢字をあてている。
筑前煮 永い幸せを祈願する。
名前の中に「ん」がつく食材が使用されており、「運」がつく縁起の良いものとされている。
穴にちなんで将来の見通しがきくとされる「蓮根」や子孫繁栄の縁起物とされる「里芋」など、土の中で根を張る根菜を用いる。
かまぼこ 紅白や松竹梅の柄などでめでたさを表す。
赤は魔除、白は清浄の意味を示すことも。
伊達巻き 学問成就を願う。
巻物に似た形から、知性の象徴。
きんとん(金団) 金運上昇を願う。
黄金色の見た目を金塊や小判などに見立てている。
紅白なます 一家の平安や平和を願う。
紅白のお祝いの水引をイメージ。