2019年(平成31年/令和元年)のゴールデンウィークは何連休?天皇誕生日はどうなる?

2019年(平成31年/令和元年)の祝日やゴールデンウィークがどうなるか、何連休となるかの決定内容をご紹介します。
新元号「令和」に変わり、2019年の天皇誕生日の祝日はどうなるかも説明します。

目次


「即位礼正殿の儀」が行われる2019年10月22日(火)は祝日に決定

政府は、新天皇が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる2019年10月22日(火)も、2019年限りの祝日にすることを決定しました。

天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成29年法律第63号)を踏まえ、天皇の即位に際し、国民こぞって祝意を表するため、天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律(平成30年法律第99号)が2018年12月14日(金)に公布され、即位の日及び即位礼正殿の儀が行われる日が休日(祝日の扱い)となりました。 (施行日:2018年12月14日(金))


令和元年はいつから?
万葉集の引用文、令和の考案者や他候補案を見る

2019年(平成31年/令和元年)のゴールデンウィークは10連休に決定

2019年に限り、ゴールデンウィーク(GW)は10連休になることが決定しました。1948年以降で最長の連休となります。

政府は、皇太子殿下が即位される2019年5月1日(水)を、天皇の即位の日として2019年限りの祝日にすることを決定しました。
祝日法では、祝日に挟まれた平日を国民の休日にすると定められています。2019年4月30日(火)と2019年5月2日(木)は祝日に挟まれた平日のため、国民の休日となります。
そのため、2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月)の10連休となります。

2019年のGWが10連休となるため、旅行会社で海外旅行の申し込みが例年より増加しているようです。
2019年のGWは、が国内旅行人数、海外旅行人数ともに過去最高となったそうです。


翌年のゴールデンウィーク≫
2019年(平成31年/令和元年)のゴールデンウィークをカレンダー形式で見る

2019年(平成31年/令和元年)の天皇誕生日の祝日はどうなる?

2019年(平成31年/令和元年)の天皇誕生日は、祝日にはなりません。

2019年5月1日(水)に皇太子殿下が新たな天皇に即位されるため、天皇誕生日は、天皇陛下の誕生日である12月23日から、皇太子殿下の誕生日である2月23日に変更となります。

天皇誕生日の変更となる2019年5月1日(水)は、新たな天皇誕生日の2月23日を過ぎています。
そのため、2019年12月23日は天皇誕生日の祝日ではなくなりました。

2020年(令和2年)の天皇誕生日はどうなるかの説明を見る